北九州市営バス 時刻表

北九州市営バスの時刻表についてや、北九州市営バスの運賃や定期、路線図、高速バスなどの情報も提供しています。

北九州市営バスの時刻表を見る

福岡県北九州市内を運行する北九州市営バス時刻表が、インターネットで見ることができます。

北九州市営バスの公式ホームページで、市営バス運行時刻検索というページがありますので、そこを開いて下さい。

時刻表のページで、出発地と到着地を入力すれば時刻表が出てきますし、搭乗するバス停留所と、行き先を入力しても出て来ます。

また、主要なバス乗り場や、主要な場所(ランドマーク)から選ぶ事もできるので、行き先のバス停留所の名称がいまいち分からない時にも安心です。

しかし、時刻表の表示の仕方が少し複雑になっていて、慣れるまでに時間がかかりそうだなというのが、私の率直の意見です。

結局、北九州市営バスの時刻表を駅でもらい、到着時刻を北九州市営バスの本社に問い合わせてしまいました。

北九州市営バスは初乗りが170円と、他社に比べて少々高めになっていますが、100円で乗り降り出来るエリアもあったりと、柔軟性に富んだ面も見せています。

時刻表だけではなく、他にも北九州市営バスが行っている様々なイベントや旅行プランなどもホームページで紹介していますので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

北九州市営バスの運賃を知りたい場合

北九州市営バス運賃を知りたい場合は、北九州市交通局の公式サイトをご覧になってください。

北九州市営バスのホームページの中に、市営バス運賃のご案内(PDF版)というページがありますので、そこを開いて下さい。

ここでは、主な路線の運賃を見ることができます。ただし、同じ到着地でも、途中経由が違う場合は運賃が異なる場合ありますので、気をつけてください。
北九州空港エアポートバスは、全区間均一運賃:700円となっています。

ご覧になっていただければ分ると思いますが、小倉・戸畑地区からとか、若松渡場地区からなどいくつかのPDFに別れていますが、ページの一番下に
上記運賃表一括表示と言うのがあるので、ここをクリックすれば、北九州市営バスの運賃一覧を見ることができるので便利です。

また、記載がない路線等は、北九州市営バスの若松営業所や向田営業所、若松商連案内所や二島案内所などに問い合わせると教えてもらえます。

他にもいろいろと操作方法はあるようですので、別のバス停からの運賃を検索する場合にも時間の許す限り探ってみると良いかも知れませんね。

北九州市営バスの運行する路線には、運賃が100円というかなり嬉しい区間も多数ありますので、うまく利用して交通費を安く抑えることもできますので、是非活用されることをお勧めします。

北九州市営バス・高速バスの運賃の支払い方法は、幾つかあります。
回数券なども販売しているようですので、何度かご利用予定の方は問い合わせてみた方がお得だと思います。

北九州市営バスの定期券を購入する

北九州市営バスには定期券が常時販売されています。

北九州市営バスの定期券タイプにはいろいろあり、通勤定期券や通学定期券、地域フリー定期券(折尾・若松渡場)、全線定期券・高齢者向け高割引定期券「ふれあい定期」などの種類があります。

全線定期券は、市営バス全線に利用できる定期券で、一枚でどなたでもご利用になれる持参人式です。料金は、1ヵ月18,900円です。

定期券タイプは、紙式を除いて積み増しができますが、万が一期限が切れていたり、定期区間外に乗車しても回数券タイプのように積み増しすれば、何度でも利用することが可能です。(市営バスではチャージのことを積み増しといっている)

北九州市営バス定期券は、一日乗車券タイプの子供用を除きバス車内で購入できます。ただしバス車内では、回数券タイプは1000円・2000円・3000円・ 5000円・10000円分のみで、一日乗車券タイプは5日分までしか新規発売・積み増しできません。

またバス車内で購入できないものについては各営業所・案内所でしか取り扱いされていないようです。
積み増しについては各営業所・案内所に加え黒崎バスセンター定期券販売所でも行うことができます。

ただし黒崎バスセンター定期券販売所では、カードの新規購入(共通定期券を除く)はできませんのでご注意ください。

北九州市営バスのホームページでは、平成18年10月1日以降の定期券運賃早見表をご覧になることができますので、これも利用するといいかも知れません。

北九州市営バスの路線図を調べる

北九州市営バスの運行する福岡県内の路線図は、インターネットで見ることができます。

北九州市交通局の公式サイトで「市営バス 路線」というページがありますので、そこを開いて下さい。

そこには、行き先別バス乗り場の案内と北九州空港エアポートバスのご案内、そして北九州市営バス路線のご案内という3つの項目があります。

北九州市営バスの路線図を見たい場合は、市営バス路線のご案内をクリックし開いてください。PDFになっていてかなり見づらいのですが、倍率を100%にするとましになりますね。右下に運賃の見方が載っていますが、はっきり言ってさっぱりわかりません。

北九州市営バスには、もっとわかりやすい路線図だけのページを設けて欲しいものです。

北九州市営バスは、主に北九州市若松区・八幡西区および遠賀郡水巻町・芦屋町に路線網を持ちますが、若松区から戸畑駅・小倉駅への路線も運行しています。

上記営業エリア以外の北九州市内のバス事業については西日本鉄道の子会社である西鉄バス北九州が行っています。乗降方式は後乗り前降りで区間料金制です。

ちなみに、車両の色は一般車が白と紺のツートンカラーで、ワンステップバスやノンステップバスは黄緑色(カエル色)で、見ればすぐわかります。

北九州市営バスの料金がお得な乗車券

北九州市営バスには、料金がお得な券が多数販売されています。

「1日乗車券」や「土休日家族割引」「夏休みこどもバスぽ〜と」などの他にもいろいろな定期券も販売しています。

1日乗車券は、市営バス全路線を1日乗り放題乗車券となっていて、料金は大人が700円、子供が350円となっています。

一日何度でもご利用できますので、観光にご利用されると良いと思います。

土休日家族割引乗車券は、春シーズン(4月〜6月)・秋シーズン(9月〜11月)の期間中、家族4名(内、大人2名まで)が、あらかじめ指定した土曜・日曜・祝日に市営バス全路線が1日自由に乗り降りできる乗車券です。ご家族での旅行にぜひご利用ください。

発売額は700円で、市営バス案内所・営業所・旅行センターで購入できます。

夏休みこどもバスぽ〜とは、7月20日〜8月31日の期間中、利用者が任意に決めた7日間に、市営バス全路線が自由に乗り降りできる乗車券です。

小学生券:350円で中学生券:700円となっています。夏休みの思い出作りにご利用されてみてはいかがでしょうか。

また、九州内の高速・一般路線バス及び船舶航路が、あらかじめ指定した3日間、又は4日間乗り放題になる乗車券「SUNQパス」という券があります。

発売額は10,000円(3日間)と14,000円(4日間)となっています。九州1週旅行などにご利用されてみてはいかがでしょうか。

SUNQパスの発売窓口は、折尾駅前案内所及び旅行センターとなっています。

どれもこれも「北九州市営バス」の料金がお得な券となっていますので、上手に利用したいものです。

北九州市営バス 時刻表カテゴリー項目一覧

北九州市営バス 定期

北九州市営バスの定期券を購入する

北九州市営バス 料金

北九州市営バスの料金がお得な乗車券

北九州市営バス 時刻表

北九州市営バスの時刻表を見る

北九州市営バス 路線図

北九州市営バスの路線図を調べる

北九州市営バス 運賃

北九州市営バスの運賃を知りたい場合

北九州市営バス 高速バス

北九州市営バスの高速バス(北九州空港エアポートバス)


北九州市営バス 時刻表のおすすめ!

北九州市営バスの時刻表を見る

福岡県北九州市内を運行する北九州市営バス時刻表が、インターネットで見ることができます。

北九州市営バスの公式ホームページで、市営バス運行時刻検索というページがありますので、そこを開いて下さい。

時刻表のページで、出発地と到着地を入力すれば時刻表が出てきますし、搭乗するバス停留所と、行き先を入力しても出て来ます。

また、主要なバス乗り場や、主要な場所(ランドマーク)から選ぶ事もできるので、行き先のバス停留所の名称がいまいち分からない時にも安心です。

しかし、時刻表の表示の仕方が少し複雑になっていて、慣れるまでに時間がかかりそうだなというのが、私の率直の意見です。

結局、北九州市営バスの時刻表を駅でもらい、到着時刻を北九州市営バスの本社に問い合わせてしまいました。

北九州市営バスは初乗りが170円と、他社に比べて少々高めになっていますが、100円で乗り降り出来るエリアもあったりと、柔軟性に富んだ面も見せています。

時刻表だけではなく、他にも北九州市営バスが行っている様々なイベントや旅行プランなどもホームページで紹介していますので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

北九州市営バスの時刻表についてや、北九州市営バスの運賃や定期、路線図、高速バスなどの情報も提供しています。


北九州市営バス 時刻表 Pick Up!

北九州市営バス運賃を知りたい場合は、北九州市交通局の公式サイトをご覧になってください。

北九州市営バスのホームページの中に、市営バス運賃のご案内(PDF版)というページがありますので、そこを開いて下さい。

ここでは、主な路線の運賃を見ることができます。ただし、同じ到着地でも、途中経由が違う場合は運賃が異なる場合ありますので、気をつけてください。
北九州空港エアポートバスは、全区間均一運賃:700円となっています。

ご覧になっていただければ分ると思いますが、小倉・戸畑地区からとか、若松渡場地区からなどいくつかのPDFに別れていますが、ページの一番下に
上記運賃表一括表示と言うのがあるので、ここをクリックすれば、北九州市営バスの運賃一覧を見ることができるので便利です。

また、記載がない路線等は、北九州市営バスの若松営業所や向田営業所、若松商連案内所や二島案内所などに問い合わせると教えてもらえます。

他にもいろいろと操作方法はあるようですので、別のバス停からの運賃を検索する場合にも時間の許す限り探ってみると良いかも知れませんね。

北九州市営バスの運行する路線には、運賃が100円というかなり嬉しい区間も多数ありますので、うまく利用して交通費を安く抑えることもできますので、是非活用されることをお勧めします。

北九州市営バス・高速バスの運賃の支払い方法は、幾つかあります。
回数券なども販売しているようですので、何度かご利用予定の方は問い合わせてみた方がお得だと思います。

北九州市営バスには定期券が常時販売されています。

北九州市営バスの定期券タイプにはいろいろあり、通勤定期券や通学定期券、地域フリー定期券(折尾・若松渡場)、全線定期券・高齢者向け高割引定期券「ふれあい定期」などの種類があります。

全線定期券は、市営バス全線に利用できる定期券で、一枚でどなたでもご利用になれる持参人式です。料金は、1ヵ月18,900円です。

定期券タイプは、紙式を除いて積み増しができますが、万が一期限が切れていたり、定期区間外に乗車しても回数券タイプのように積み増しすれば、何度でも利用することが可能です。(市営バスではチャージのことを積み増しといっている)

北九州市営バス定期券は、一日乗車券タイプの子供用を除きバス車内で購入できます。ただしバス車内では、回数券タイプは1000円・2000円・3000円・ 5000円・10000円分のみで、一日乗車券タイプは5日分までしか新規発売・積み増しできません。

またバス車内で購入できないものについては各営業所・案内所でしか取り扱いされていないようです。
積み増しについては各営業所・案内所に加え黒崎バスセンター定期券販売所でも行うことができます。

ただし黒崎バスセンター定期券販売所では、カードの新規購入(共通定期券を除く)はできませんのでご注意ください。

北九州市営バスのホームページでは、平成18年10月1日以降の定期券運賃早見表をご覧になることができますので、これも利用するといいかも知れません。

北九州市営バスの運行する福岡県内の路線図は、インターネットで見ることができます。

北九州市交通局の公式サイトで「市営バス 路線」というページがありますので、そこを開いて下さい。

そこには、行き先別バス乗り場の案内と北九州空港エアポートバスのご案内、そして北九州市営バス路線のご案内という3つの項目があります。

北九州市営バスの路線図を見たい場合は、市営バス路線のご案内をクリックし開いてください。PDFになっていてかなり見づらいのですが、倍率を100%にするとましになりますね。右下に運賃の見方が載っていますが、はっきり言ってさっぱりわかりません。

北九州市営バスには、もっとわかりやすい路線図だけのページを設けて欲しいものです。

北九州市営バスは、主に北九州市若松区・八幡西区および遠賀郡水巻町・芦屋町に路線網を持ちますが、若松区から戸畑駅・小倉駅への路線も運行しています。

上記営業エリア以外の北九州市内のバス事業については西日本鉄道の子会社である西鉄バス北九州が行っています。乗降方式は後乗り前降りで区間料金制です。

ちなみに、車両の色は一般車が白と紺のツートンカラーで、ワンステップバスやノンステップバスは黄緑色(カエル色)で、見ればすぐわかります。

北九州市営バスには、料金がお得な券が多数販売されています。

「1日乗車券」や「土休日家族割引」「夏休みこどもバスぽ〜と」などの他にもいろいろな定期券も販売しています。

1日乗車券は、市営バス全路線を1日乗り放題乗車券となっていて、料金は大人が700円、子供が350円となっています。

一日何度でもご利用できますので、観光にご利用されると良いと思います。

土休日家族割引乗車券は、春シーズン(4月〜6月)・秋シーズン(9月〜11月)の期間中、家族4名(内、大人2名まで)が、あらかじめ指定した土曜・日曜・祝日に市営バス全路線が1日自由に乗り降りできる乗車券です。ご家族での旅行にぜひご利用ください。

発売額は700円で、市営バス案内所・営業所・旅行センターで購入できます。

夏休みこどもバスぽ〜とは、7月20日〜8月31日の期間中、利用者が任意に決めた7日間に、市営バス全路線が自由に乗り降りできる乗車券です。

小学生券:350円で中学生券:700円となっています。夏休みの思い出作りにご利用されてみてはいかがでしょうか。

また、九州内の高速・一般路線バス及び船舶航路が、あらかじめ指定した3日間、又は4日間乗り放題になる乗車券「SUNQパス」という券があります。

発売額は10,000円(3日間)と14,000円(4日間)となっています。九州1週旅行などにご利用されてみてはいかがでしょうか。

SUNQパスの発売窓口は、折尾駅前案内所及び旅行センターとなっています。

どれもこれも「北九州市営バス」の料金がお得な券となっていますので、上手に利用したいものです。